FAQ

Q

水を足すだけで大丈夫ですか?

A
水だけで栽培できます。 もし、肥料を与えたい場合は、 市販の液肥(ハイポネックス等)を使用できますが、 濃度に注意し、1000倍に希釈して入れてください。
Q

外においてもよいですか?

A
室内専用商品です。 室内でお楽しみください。
Q

ヒモはなぜついているのですか

A
ヒモには給水の役割があります。 このヒモにより、給水した水をセラミックに効率よく、 無駄なく送ることができます。
Q

置いてはいけない場所は?

A
空調の風が直接あたる場所 直射日光があたる場所 寒暖の差が激しい場所(例えば窓際) 気温が長期間40℃を上回る、5℃を下回る場所 水で濡らすと障害が出る場所(テレビの上等)
Q

冬の管理の方法は?

A
窓際や床は冷気が溜まりやすく、 寒さの害が発生することがあります。 できるだけ普段 人が生活する場所が好ましい。 長期間5℃以下になる場所は避けましょう。
Q

夏季の育て方は?

A
窓際は温度差が大きく、また直射日光が当たるなど、 好ましくありません。 できるだけ普段 人が生活する場所が好ましい。 長期間40℃以上になるような場所などは避けましょう。
Q

水はいつあげればよいですか?

A
容器に水が無くなる前に補充してあげてください。
Q

水を容器にいれる時の適切な量を教えてください

A
セラミック(白い筒)の下部に水が浸からない程度の位置まで、 水を入れてください。 容器一杯に水を入れると、セラミック内の根が呼吸できず、 根腐れ(窒息枯死)の原因になります。
Q

セラミック栽培とは何ですか?

A
高温で焼成した特殊セラミックに植物の根を接触させ、 根に水を直接供給して植物を栽培する栽培方法です。
Q

セラミックで植物を栽培できる理由を教えてください

A
セラミックには、無数の小さな孔隙(こうげき:穴)があります。 毛細管現象により水は孔隙に保持されます。 植物の根は、セラミックに接することで保持された水を吸収しています。
Q

ハイドロカルチャーとの違いを教えてください

A
直接植物の根を水に浸けるのがハイドロカルチャー。 最近では、粒状のものを無数に容器に入れて水を吸わせ、根腐れが発生しないような工夫がなされるものが多く見られます。(水耕栽培)。 セラミック栽培は、水を直接根に浸けるのではなく、 セラミックに根を接しさせて水を供給します。
Q

水やり面でのメリットは?

A
植物の枯死の原因の一つに、 ・水やりを忘れる ・水をやり過ぎる などがあります。 単純なことですが、なかなか対処が難しいのも事実です。 「セラハイト」は容器内の水の量が一目瞭然です。 無くなる前に足すだけと簡単です。 また、ハイドロカルチャーと異なり、 根はセラミック内で呼吸がスムーズにできるので、 根腐れで枯れる心配がありません
Q

衛生面でのメリットは?

A
土を持ち込まないので、 虫を室内に持ち込むことがありません。 土の中にいる生物、菌など、取り除くことはできず、 室内に持ち込むことになり、不衛生です。 セラミック栽培では、土を全く使わず衛生的です。
Q

水の消費量でのメリットは?

A
容器に満たした水はフタがなされており、 蒸発することはありません。 また、水の移動は全て毛管力にて行われています。  【水の移動過程】   容器内→給水ヒモ→セラミック→根→植物体  (全ての過程において、水は毛管力で移動している) 水の消費量は驚くほど少なくて済みます。
Q

根は伸びますか?

A
セラミック内で根は収まらず、 セラミック下部から根が出てる場合があります。
Q

セラミック下部から出てきた根はどうすればよいですか?

A
セラミック下部から出た根は取り除いてあげてください。 そのまま放置しても問題はありませんが、 見た目がかっこ悪くなりますので。
Q

大きくなりますか?

A
新しい葉を出すなど成長します。 ただし室内環境であればそれほど大きくなることはありません。
Q

買った観葉植物を必ず枯らしてしまいす。

A
是非セラハイトをお試しください。 あなたの悩みを解決します。
Q

土に植え替えできますか?

A
セラミックごと土にさせば簡単です。 ただし、土・水やり・温度などの管理はお客様の自己責任となります。 今まで通りセラハイト・インテリアとしてお楽しみいただくことをオススメいたします。
Q

旅行にでかけても大丈夫でしょうか? 心配です

A
2週間程度の旅行であれば、 容器に十分な水を満たしておけば問題ありません。 心置きなく旅行を楽しんでいらしてください。